沿革

昭和8年 創業者 竹内 健三が大阪市南区にて伸銅品卸業を設立
昭和17年 事変動乱による企業整備のため、海軍軍需品生産工場に転換
昭和23年 戦後安定に従い、旧職に復帰
昭和25年 業績の進展を期し法人に改組
資本金100万円
昭和34年 資本金を500万円に増資
昭和38年 資本金を1000万円に増資
昭和40年 資本金を1500万円に増資
昭和42年 東大阪市金物団地に本社社屋を新築
資本金を2000万円に増資
東京営業所開設
関連会社としてアルミかご製造業『協和工業(株)』を設立
昭和45年 資本金を4000万円に増資
昭和46年 本社建材部と協和工業株式会社が合体し、「三和アルミ建材」(株)として、大阪市生野区に発足
資本金500万円(本社 八尾市に開設)
昭和63年 東大阪市金物団地に第二倉庫新築
平成元年 現社長 竹内 成介 就任
平成20年 社長 竹内 成介 大阪府産業功労賞を受賞
平成25年 東大阪税務署より、優良申告法人として表敬
平成29年 社長 竹内 成介 大阪軽金属商協会会長に就任